コミュニケーション本をいくら読んでもコミュニケーション能力なんてつきっこない!読むべきは、コーチングの本だ!

こんにちは!

 

最近、たくさんの本を読んでいるのですが、今日はコーチング”の本について紹介したいなと思っています。

 

正直、このコーチングというのは、どんなコミュニケーション本よりも役に立つのではないかと思っています!

 

それは、なぜなのか…?どうして、どんなコミュニケーション本より役に立つのでしょうか…?

 

これまで、コミュニケーション本などを読んできた方ならわかると思うのですが、はっきり言って、役に立ったものはとても少ないのではないでしょうか…?

 

私自身もそうなのですが、コミュニケーション本を読んで、

コミュニケーション能力を養うということ自体がナンセンスだと思うのです。

理由は、コミュニケーションをビジネス上で仕方がなくとるということがおかしいと思うからです!

みなさんもそう思いませんか…?この人と仕事がしてみたい!と心の底から思うことから、初めて、コミュニケーションが出てくるのです。そうした人がコミュニケーションを取るために、そのようなコミュニケーション本とるのはわかるのですが、なんだか、普通のコミュニケーション本を取る方というのは、仕方なくビジネスとして話すための本のように感じます…

 

本題に戻りたいと思うのですが…

 

なぜ、コーチングなのか…?それは、コーチングというのはコミュニケーション能力の本質をとらえているからだと考えています!

 

コミュニケーション能力の本質は、聞く力ということだと私考えています!

いかに、相手の考えていることを引き出すか?相手の心の壁を開かせるか?

それがコミュニケーションの本質だと私は考えているのです!

 

そのうえで、最も大切なのが、コーチングということなのです!

コーチングのメソッドがあれば、相手を引き出すことができます。

そうすると、相手はあなたを信頼するでしょうし、

相手の能力を引き出すこともできるでしょう。

 

なので、私はコーチングは重要なコミュニケーション能力の一つであるととらえています!

 

是非、下記の本を読んでみるとよいでしょう! 

>コーチングが人を活かす

価格:1,080円
(2017/3/6 23:49時点)
感想(0件)

「自己信頼」 読んだ感想と考えたこと

こんにちは!本を読んだ感想を書いていきたいと思っているのですが、一番最初の記事を何にしようか悩んでいましたが、今となっては私の愛読書となっているこの本を紹介したいと思います!

 

それは…「自己信頼」です!著者はラルフ・ウォルド・エマソンさんなんですが、「自己信頼」はエッセイとなっていますね!

 

続きを読む